色選び-赤みのある肌・黄色味のある肌

ミネラルファンデーションの【色選び】ですが、いかにもノーマルの明るさでお肌の色が赤みも黄味もない人の場合は非常に選びやすいと思います。

でも、お肌が赤味のある方・黄色味のある方の場合について解説致します。

まずメーカーによってはあまり色選びが出来ない商品もありますが、大抵のメーカーは色々な肌タイプ向けに色選びが出来るくらいのラインアップがあります

色を選ぶときには

地肌が黄色っぽい肌=ベージュ系

ピンクや赤っぽい色白肌=オークル系

を選ぶということを押さえておきましょう。

黄色っぽい肌だからと言って黄色系の色を重ねると、なおさら黄色っぽくなってしまいます。
黄色っぽさが強い肌ならば、ピンク系を選ぶと良いと思います。
自然な明るさの肌の色に演出できます。

一方、ピンクっぽい色白肌の場合は、ピンク系を選ぶと白塗りになってしまいます。
もともとの肌の色を活かせるように、肌よりもワントーン暗めの色を選ぶと良いでしょう。

また、赤みを隠そうとして明るめの色を選んでしまうと、赤みはカバーできません。
色の効果というのは不思議なもので、オークル系のファンデーションを塗ることで、肌の赤みが消えます。
 
 
自分に合う色をみつけるのは、意外に難しいものです。
ファンデーションの色次第で、メイクの仕上がりの80%は決まっちゃいます。
私はほとんどノーマル肌ですがほんの少々赤みが気になる事があるので、ファンデーションの色を選ぶ時に気を付けています。

イエロー系なら赤味を抑えられるし、顔がシュっと引き締まって見えるので、ファンデもイエロー系を選ぶ事もあります。
ミネラルのイエロー系はホントに発色も良くて、肌の色をきれいに見せてくれますよ!

黄色味のあるファンデーション
こちらの一番右のお粉の色、結構黄色っぽく見えませんか?
これはオンリーミネラルの9番という色です。色の名前は「イエローベージュ」で、【赤みを抑えた仕上がりにしたい方に】という用途です。

私もたまにこちらでメイクをすることがありますが、確かに赤みが少しでもある方はイエロー系を選ぶのも一つの選択肢だと思います。
 
 
これから使いたいと思うミネラルファンデーションを探している人は多いと思いますが、最近のミネラルファンデーションはカラーバリエーションの多さに驚きます。
迷っちゃうかもしれませんが、サンプルやお試しセットを活用して、自分の肌の色をきれいに見せてくれる色を探してみましょう。

ナチュラルメイクに仕上げるにも、赤みやニキビ痕を上手に目立たなくするにも、すべては色選びにかかっています。
妥協せずに、精一杯色選びに力を入れましょう。



各ブランド全て、口コミ・レビューしています!
商品の詳細画像もたくさんありますのでミネラルファンデ選びの参考にして下さい♪