ファンデーションブラシのお手入れ・洗い方

毎日メイクをしていれば当然ファンデーションブラシは汚れてきます。
不衛生にしていると雑菌の繁殖につながりお肌にも良くないので、こまめにブラシを洗浄することをおすすめします。
メイクブラシ

ブラシの汚れを落す洗浄剤でおすすめなのはどれ?

メイク用のブラシを洗浄する専用の洗浄剤というのはあまり見かけませんよね。
でも、わざわざそういったものを購入しなくても、家庭にある洗浄剤でもきちんとブラシをきれいに洗うことができます。
メイクブラシの洗浄剤

固形石けんは、顔、ボディ、毛髪など全身の洗浄に使える優れた洗浄剤です。

どのご家庭にも必ず買い置きがある洗浄剤なので、ブラシがちょっと汚れてきたなぁと思った時にすぐに準備できます。
しかも、ブラシの洗浄に使っても素材を傷めないというメリットがあります。

毛髪を清潔に保つことを目的としていますが、髪質をなめらかにする効果もあります。
その効果が活かされて、ブラシ洗浄の際にも、毛質の柔らかさを保ちながらきれいに洗うことができるというメリットがあります。

衣類用の洗濯洗剤には泥汚れなどを落すアルカリ性のものと、皮脂汚れなどを落す中性洗剤があります。
どちらにも界面活性剤が含まれていますので汚れ落ちは抜群です。

ただし、ブラシを洗うのには少し洗浄力が強力過ぎるような気がします。
私のように洗浄する頻度が高い人は、ブラシの質感を損ないそうなのであまり使わない方がいいのではないかと思います。
洗濯洗剤については賛否両論あるので、汚れ落ちはいいけれども劣化しやすいかもしれないということを考慮した上で使いましょう。

これを使って洗浄してはダメ!

ブラシの汚れは落とすことができても素材を傷ませてしまう洗浄剤もあります。
何度か洗うと違いが出てきますのでご注意ください。

キッチンの食器を洗うことを目的としている洗浄剤ですから、ブラシの劣化につがなってしまう恐れがあります。
毛先が痛んでしまい、肌触りが徐々に悪くなってしまいます。

毛を染めている染料が落ちたり、毛を固定している接着剤が溶けて毛が抜け落ちたりする可能性があります。

お手入れ方法とブラシを長持ちさせるポイント

ただ洗ってきれいにすれば良いということではなく、大切なブラシを長く使っていくためにはお手入れ方法にコツがあります。

洗浄する時

洗浄剤を泡立ててからブラシにやさしく馴染ませるのがポイント。
洗浄剤の泡
できればブラシを泡でゴシゴシ洗うのではなくて、しばらく馴染ませたままで置いておくのがいいでしょう。
毛も傷みにくいですし、時間を置いた方が汚れをしっかりと落とすことができます。

すすぐ時

汚れが落ちて泡をすすぐ時は、ブラシに向かって水をかけるのではなくて、毛先を下に向けて水をかけるようにしましょう。
これは、シャワーや蛇口から直接水をかける際の水圧でブラシの毛が広がってしまうのを防ぐためです。

また、カップに水を入れてやさしくかき混ぜるようにすすぐのもいいでしょう。
ブラシへの負担も少ないですし、水の様子から泡や汚れの落ち具合がわかりやすいです。

乾かす時

長持ちさせるのに一番いいのは自然乾燥です。
ただし、タオルでゴシゴシ拭き取るのは厳禁です。
すすいだ後にすぐにタオルで軽く叩きながら水分を拭き取りましょう。

そして、毛の部分が直接物に触れないような状態で乾かしましょう。
ブラシの柄の部分をヘアゴムなどで巻いて吊るしておくと通気性が良くなって乾きがいいですよ。

また、ドライヤーを使うのもいいでしょう。
毛先を下に向けてブラシの毛が広がらないように熱を与えて乾かします。
ナイロンやタクロンは熱で溶けてしまうことがありますので、できるだけ離した距離から風をやさしく当てるように心がけましょう。

ブラシの広がりを防ぐコツ

私は少しでも汚れるとけっこうな頻度でブラシを洗いますが、何度も洗っているとブラシの毛先が広がってきてしまいます。

そこで気が付いたのですが、水気を取ってある程度乾いたら、ミニサイズのハンカチやタオル、キッチンペーパーやコットンなどでブラシの毛の部分をクルッと巻き付けると新品の時のようなシュッとした状態に戻ります。

ただし、水分が残っていると生乾きになってしまいますのでその点だけ気を付けましょう。

動物の毛でできているブラシは頻繁に洗剤で洗浄すると自然の脂がなくなって感触が変わってしまうことがあります。
ですから、メイクの後に毎回ティッシュなどで優しくファンデーションの粉やメイクの際に付着した皮脂を拭き取って汚れにくくすることをおすすめします。



各ブランド全て、口コミ・レビューしています!
商品の詳細画像もたくさんありますのでミネラルファンデ選びの参考にして下さい♪