金属アレルギーでもメイクにミネラルファンデーションは使えるのか

金属製のアクセサリー類を身に付けるとかぶれるなどの症状が出てしまうのがわかりやすい「金属アレルギー」ですが、金属の一種であるミネラル成分が入っているファンデーションを使った時に同様の症状が出てしまう人もいるようです。

金属アレルギーの人が気を付けるべきこと

通常、化粧品については、ミネラルファンデーションではなくても、日焼け止めやツヤ出しのためにミネラル成分を配合しているものはけっこうたくさんあります。(酸化チタンとかです)

一般的なファンデーションをはじめ、日焼け止めやチークにもミネラル成分は使われているのです。
しかし、金属の一種であるミネラルが入っていると言っても濃度はそれほど高くなくて、角質まで侵入して肌荒れの原因になってしまうことはないと言われています。

ただし、酸化亜鉛や酸化鉄、酸化チタンといった「酸化」加工しているミネラルには注意が必要なようです。

これらのミネラルの場合、コーティングしてないとかぶれるケースが多く見られるようです。

また、「ナノ化」されているものにも気を付けた方が良さそうです。
金属酸化物をナノ化することで、「仕上がりをコントロール」することが可能となり、皮膚の凹凸をカバーしたり、透明感を高めたりできます。

そして、感触も滑らかになってつけ心地が良くなります。
このようなメリットがあるので、ナノ化している化粧品が増えてきています。

金属アクセサリー

健康な皮膚であれば問題なく使えるのですが、金属アレルギーの人の場合かぶれてしまうケースがあるようです。

金属アレルギーの人にとっては必ずしもミネラルファンデーションの安定性が高いとは言いにくいように思います。

あくまでも、肌に負担になる可能性を秘めているという認識を持つことが重要なのです。

金属アレルギーでもメイクにミネラルファンデーションは使えるのか

金属アレルギーだからと言ってすべてのミネラル成分に対して症状が出ると言うことではありませんから、ミネラルファンデーションを使うための対応策はあります。

まず、コーティングされているミネラルファンデーションを選んでみると良いと思います。
酸化チタンや酸化鉄がコーティングされているものであれば、アレルギーが起こりにくいと言われています。

また、自分自身がどの金属にアレルギーを持っているのかをハッキリさせておくことも大切です。

化粧品でかぶれてしまうという人で原因物質がわからない時には、普段使用している商品を持参して皮膚科に行くとパッチテストをしてもらうことが可能です。

パッチテストを行うことでアレルギーを引き起こす原因を明らかにすることができます。

面倒だと思われるかもしれませんが、「何に対してアレルギーがあるのか?」を調べておくことで商品を選びやすくなりますし、アレルギー症状も回避できます。



各ブランド全て、口コミ・レビューしています!
商品の詳細画像もたくさんありますのでミネラルファンデ選びの参考にして下さい♪