国産のミネラルファンデーション「レイチェルワイン」の仕上がりは?

「ピュア&シンプル」を理念に掲げて、お肌にやさしいメイクアップコスメを販売している「レイチェルワイン」。
外国製のミネラル製品が多い中、日本人の肌にマッチする国産のミネラルファンデーションを扱う人気のブランドです。

レイチェルワイン

私もミネラルファンデーションと化粧下地(兼仕上げパウダー)を愛用していますが、使い心地も仕上がりも気に入っています。

「レイチェルワイン」の仕上がりは?

レイチェルワインはカラーバリエーションが豊富で全11色揃っていますが、私は「ナチュラル」と「ピーチ」を使っています。

ファンデーションの色

2色どちらもピンク系で明るめの肌の色向けですが、色の比較のために手首に塗ってみました。

色の比較

ピーチはピンク系らしいほんのりとした赤みがあって、ナチュラルは赤みの抑えられた色合いです。

全体的な色のバランスをわかりやすくするために、手の甲にも塗ってみました。

仕上がりの比較

ナチュラルは落ち着いた自然な色合いですし、ピーチは温かみがありつつ美白っぽい色合いになっています。
比較してみてもわかるように、同じピンク系統でもそれぞれの色に特徴がありますよね。

そして、透明感のある仕上がりもレイチェルワインの魅力と言えます。
色合いは違っても両方とも透き通るような肌質に見せてくれるので、美肌メイクを楽しむことができます。

私自身は色白なので、ピンク系の2色はどちらも肌の色に合っています。
でも、頬の部分はやや赤みが気になるので、ほんのり赤みのあるピーチの方が色ムラなく仕上げられると感じています。

実際に頬の部分に塗ってみるとこんな感じです。

メイクの仕上がり

赤みもきれいに隠れていますし、全体的に色ムラが気にならない均一な色合いになっています。

レイチェルワインのミネラルファンデーションはどちらかというと薄付きの仕上がりですが、透明感を出すミネラルのパワーによって透き通るような肌質に見せることができます。
私のように赤みや色ムラが気になる方や、明るくて健康的な肌に見せたいと思っている方にはおすすめです。

下地を使うとカバー力がアップ!

レイチェルワインのミネラルファンデーションは下地機能があるのでそのままでもメイクができますが、専用の下地を使うとカバー力がアップします。

こちらが下地パウダーの「アクセントフェースパウダー」です。
この下地は皮脂を吸着して崩れを予防するために使うアイテムです。
あと、仕上げパウダーやハイライトとしても使うことができるので、一つあると非常に便利です。

レイチェルワインの下地

パウダー自体は真っ白で、粒子がキラキラとして見えます。
マイカ・酸化チタン・酸化鉄が原料となっていて、ミネラルファンデーションと同じくらい低刺激です。

皮脂を吸着してくれるということなので、テカリやすい鼻の部分の仕上がりを見てみましょう。

下地のカバー力

見た目としてもテカリが消えていますし、ついでに小鼻のポツポツ毛穴もしっかりとカバーしてくれていますね。
右側の画像は1日過ごした時点で撮影したものですが、ファンデーションだけでメイクした時よりも崩れにくいということも実感できるんですよ。

皮脂の分泌が多くてテカリや崩れが気になる方や、ポツポツ目立つ毛穴をきれいに隠したいという方は、ファンデーションの前に下地をお使いになることをおすすめします。



各ブランド全て、口コミ・レビューしています!
商品の詳細画像もたくさんありますのでミネラルファンデ選びの参考にして下さい♪