ミネラルオイルって何?ミネラルファンデーションとは違うの?

ミネラルオイルというと、ミネラルという言葉のイメージからお肌にやさしい感じがします。
それに、ミネラルファンデーションと同じ種類の化粧品なのかなぁなんて疑問に思いました。
そこで、本当のところはどうなのかを調べてみました。

ミネラルオイルって何?

ミネラルオイルというのは鉱物油のことを指します。
名前から想像すると鉱物由来のオイルなのかと思いましたが、実は石油由来のオイルのことでした。
石油を脱色したり、精製したりして不純物を取り除いた純度の高い油で、化粧品にはお肌を守る成分として使われます。

ミネラルオイル

皮脂とは性質の異なる化学構成の成分なのですが、皮脂と同様に皮膜作用を持っているので、必ずしもお肌に悪い成分ということではなさそうです。

ミネラルオイルとミネラルファンデーションの違い

石油が鉱物として分類されているためにミネラルオイル(鉱物油)という名前が付いているのであって、実際のところは石油由来の成分です。
だから、本当に鉱物由来の成分を使用しているミネラルファンデーションとはまるで成分の性質が違います。

ミネラルファンデーションのミネラル成分は皮脂と馴染みやすいですが、鉱物油の成分は皮脂と馴染みません。
皮脂と馴染まない鉱物油の性質は良くも悪くも捉えることができます。

例えば、ミネラル成分よりも皮膜作用が優れていますので、お肌を保護するパワーが強いところはメリットとして捉えられます。
その反面、人工的なオイルでお肌を保護し過ぎることは毛穴を詰まらせて肌トラブルの発生につながることはデメリットと言えます。

また、乾燥肌の人が鉱物油を使い続けていると、自分で皮脂を分泌するパワーが弱まってしまうので、皮膚の新陳代謝が低下してより一層乾燥しやすくなることもあるようです。

あと、もう一つメリットを挙げるとすれば、密着力があって伸びが良い化粧品を作ることができる点です。
メイクがしやすいですし、仕上がりもフィット感があってきれいです。

メイク落とし

でも、その一方でメイクが落しにくいというデメリットにもなってしまいます。
なんだか、良いのか悪いのかを判断しにくいですよね。

ファンデーションにも鉱物油は使用されていますので、もしかしたら、鉱物油を配合したミネラルファンデーションが存在しているかもしれません。
同じミネラルという言葉に惑わされてしまわないように気を付けたいものです。

ミネラルファンデーションは特に肌トラブルにつながる要素のない化粧品ですから、ミネラルオイルを使ったファンデーションとは本質的に違うと言えます。
たとえオイルを使用していても、それが植物由来のものであることがほとんどです。

ミネラルファンデーション

私の使っているミネラルファンデーションのほとんどが、ホホバオイルとかオリーブオイルとか、低刺激性でアレルギーを起こしにくい、ひと目で安全ということがわかる製品です。
しかも、鉱物油不使用という表示もありますので、安心して使うことができます。

全面的に鉱物油を悪く言うわけではありませんが、肌トラブルの可能性を持っていることを考慮すると、鉱物油を使っていないミネラルファンデーションを使う方が安心できると思うのです。



各ブランド全て、口コミ・レビューしています!
商品の詳細画像もたくさんありますのでミネラルファンデ選びの参考にして下さい♪