ニキビカバーはミネラルファンデーションで可能かどうか

ニキビができてしまうと、『赤みが気になるから隠せないかな?』とファンデーションでカバーしようとする人も多いはずです。

それに、たとえ治っても凸凹が気になるものですよね。
ニキビを上手くカバーするにはどうすればいいのでしょうか。

ニキビの凸凹をカバーするには

治ったあとのニキビの凸凹はパウダーファンデーションよりもリキッドファンデーションの方がきれいにカバーできると思います。
私もニキビを繰り返しやすいのですが、リキッドファンデーションでカバーすることが多いです。

私が持っているリキッドファンデーションの中でも、「ヴァントルテ」は凸凹をきれいに消してくれます。
ヴァントルテのリキッドファンデ

・ハイライトベージュ
・ライトベージュ

の2色で比較してみたいと思います。

ファンデの色比較

ハイライトベージュは明るめの色なのですがしっかりとカバーできていると思います。
ハイライトベージュのカバー力

ただし、色づきが良いのでしっかりメイクに見えてしまうかもしれません。

ライトベージュもしっかりとカバーできていますね。
ライトベージュのカバー力

どちらかと言うとハイライトベージュの方が凸凹が見えにくくなっていてきれいにカバーできていると思います。

ナチュラルにカバーしたいということであれば「ライトベージュ」を、カバー力を高めたいということであれば「ハイライトベージュ」を選ぶと良いと思います。

ニキビの赤みをカバーするには

肌に負担のないミネラルファンデーションを使ったとしても、赤みがあるニキビの場合は悪化させてしまう可能性があることに気を付けなければなりません。
ですから、私はファンデーションを重ね塗りするのではなくて、コンシーラーを使ってカバーするようにしています。

「シアーカバー」のコンシーラーはニキビの赤みを消すのに重宝しています。

シアーカバーのコンシーラー
専用のブラシもあって、チョンチョンとニキビの部分にやさしく塗ることができるので負担もありません。

これだけ赤みがあっても、コンシーラーだけで他の部分と差がないくらいの肌の色に見えるようになります。
コンシーラーのカバー力

1,2個のニキビであればコンシーラーで部分的にカバーして、あとは通常通りにファンデーションを使えば問題なくメイクができます。



各ブランド全て、口コミ・レビューしています!
商品の詳細画像もたくさんありますのでミネラルファンデ選びの参考にして下さい♪