ミネラルファンデーションに含まれる酸化チタンのコーティングについて

ミネラルファンデーションには数種類のミネラル成分が配合されています。
その中でも「酸化チタン」に関しては、コーティングされているものとされていないものに分かれます。

そこで、酸化チタンがコーティングされているファンデーションについて調べてみました。

酸化チタンがコーティングされているファンデーション/パウダーファンデーション編

私が持っているパウダータイプのミネラルファンデーションの中では、「エトヴォス」と「トゥヴェール」の酸化チタンがコーティングされています。
それがこちらです。
酸化チタンコーティングされている

酸化チタンがコーティングされているファンデーションといっても、見た目からは『これがコーティングされている状態なのか!』というハッキリした違いはまったくわかりません。
酸化チタンのパウダー

「エトヴォス」も「トゥヴェール」も質感の非常にキメが細かい普通のパウダーです。

手の甲に塗り比べてみました。
酸化チタンファンデの比較

同じくらいの量を塗っていますが、白さの違いがおわかりでしょうか?
酸化チタンには白さを出す効果もあるのですが、コーティングの度合いによって白さも変わってくるのかもしれませんね。

また、「エトヴォス」と酸化チタンがコーティングされていない「オンリーミネラル」のファンデーションも比較してみます。
エトヴォスとオンリーミネラル
オンリーミネラルにもミネラル成分として酸化チタンが含まれていますが、こちらはコーティングなしの状態です。

オンリーミネラルのパウダー

成分表記から見ると、酸化チタンは全ミネラル成分の内2番目に多い割合で含まれていますが、それほど白さの強い感じはありませんね。

手の甲に塗り比べてみました。
オンリーミネラルとエトヴォスの比較

実際に塗ってみると、オンリーミネラルは肌の色に近い自然な色合いになりますし、エトヴォスはやや白さが際立つ色合いになります。

他のミネラル成分の配合比率も関係してくるはずですが、酸化チタンがコーティングしてあると発色が白くなる傾向にあるのかもしれないなぁ~と思います。

酸化チタンがコーティングされているファンデーション/プレストファンデーション編

プレストタイプのファンデーションも、「エトヴォス」と「トゥヴェール」の酸化チタンがコーティングされています。
酸化チタン入りプレストファンデ

トゥヴェールはオイル成分やヒアルロン酸で酸化チタンをコーティングしていて、エトヴォスは明記されていないものの天然オイルやヒアルロン酸が配合されていますので同様なのではないかと思われます。
コーティングしてある酸化チタン

やっぱり、見た感じからはコーティングしてあるかどうかというのは判断できませんね・・・。

手の甲に塗り比べてみました。
プレストファンデの比較

どちらのブランドもファンデーション自体の色よりも塗った状態は白く感じますね。
塗ってみてもコーティングしてあることの違いはハッキリわかりませんでしたが、比較的白く発色することに関係しているのではないでしょうか。

酸化チタンがコーティングされている理由

通常、ミネラルファンデーションの場合、酸化チタンは日焼け止めの機能のために配合されています。
やや白く見えてしまうのは酸化チタンならではの紫外線を跳ね返す作用のためのようです。

そして、コーティングされていることの最も重要な理由というのは、どうやら紫外線を浴びた時に肌に与える影響を減らすためのようです。
酸化チタンは紫外線を浴びると活性酸素を発生させる可能性があります。
肌に触れている状態で活性酸素が発生すると肌老化につながり、「シワ・シミ・乾燥」を引き起こし兼ねないということなのです。
ですから、酸化チタンがコーティングされていれば活性酸素の発生を防ぐことができて、安心して使えるということなのですね。

ちなみに、
○トゥヴェールの酸化チタン
・ノンナノ粒子なのでサイズが大きくて、紫外線カット効果が長続きするという特徴を持っています。
・「SPF23/PA++」のUV機能ですので、日常生活レベルの紫外線対策には十分です。

○エトヴォスの酸化チタン
・紫外線散乱剤(日焼け止め)として光を反射させて紫外線をお肌に寄せ付けないように使用されています。
・「SPF26/PA++」のUV機能ですので、日常生活レベルの紫外線対策には十分です。

このように、酸化チタンがコーティングされていてもUV機能面としてはコーティングしていないものに劣るということはありません。

刺激を気にする人は酸化チタンがコーティングされているファンデーションがおすすめではないでしょうか。

ミネラル成分をコーティングしているのはどんな成分?

大切なことなので何度も繰り返しますが、そのままの状態の酸化チタンを含んだミネラルファンデーションでメイクをして紫外線に当たってしまうと活性酵素が発生してしまい、ニキビや肌荒れの悪化、シミやシワの増加といった肌老化にまで影響を及ぼします。
ですから、そのようなリスクを軽減するためにミネラルファンデーションはコーティングした酸化チタンを使用しているのです。

そして、実は酸化亜鉛を含んでいるミネラルファンデーションもコーティングしているものがあります。
酸化チタンや酸化亜鉛は一体どのような成分を使ってコーティングしているのでしょうか。

・酸化チタンと酸化亜鉛の有無
・コーティングに使っている成分
について、ブランド別で調べてみました。

○ベアミネラル
・「酸化亜鉛」使用
「オキシ塩化ビスマス」を使ってコーティングしています。

○ヴァントルテ/レイチェルワイン
・「酸化チタン」使用
「水酸化Al」を使ってコーティングしています。

○エトヴォス
・「酸化チタン」と「酸化亜鉛」使用
「ステアリン酸」を使ってコーティングしています。

オンリーミネラルのみコーティングはされていません。

コーティングしているミネラルファンデーションは安全かどうか

酸化チタンをコーティングしているミネラルファンデーションにはミネラル成分以外にコーティング成分が入っているのですが、それが肌に悪いと言うことではありません。
あくまでも酸化チタンによるリスクを減らすためなので、一般的なファンデーションに含まれるケミカルな成分のように肌にダメージを与えてしまうようなことはないのです。

ただし、特にお肌が敏感な人であれば、もしかしたらコーティングのために使っている成分に対して刺激を感じてしまうことがあるかもしれません。
赤み・かゆみ・湿しんなどの異常が出るような時には症状を悪化させることがありますので、ただちに使用を中断しましょう。



各ブランド全て、口コミ・レビューしています!
商品の詳細画像もたくさんありますのでミネラルファンデ選びの参考にして下さい♪