ミネラルファンデーションは肌に優しいのか?

ファンデーション一つを例にとってみても、
・パウダーファンデーション
・リキッドファンデーション
・プレストファンデーション
・クリームファンデーション
など、さまざまなタイプがあります。
でも、『このタイプは肌にやさしい!』というように、形状によって肌に負担が少ないかどうかを判断する人はいないはずです。

結局のところ、配合されている成分が肌に負担がないものであるとか、成分の質が良いとか、「ファンデーションの成分」というところに注目している人が多いのではないでしょうか。

ミネラルファンデーションと一般的なファンデーションのちがい

○一般的なファンデーションの特徴
・ファンデーションの色付けは人工着色料であることが多い。
・成分の腐敗を防ぐための保存料が使用されている。
・使用感を良くするためにシリコンやタルクが使用されている。
・女性の嗜好に合わせて香料を使用しているものがある。
・UV機能がなくて別途日焼け止めが必要なものがある。

○ミネラルファンデーションの特徴
・ファンデーションの色付けはミネラル成分のみ
・保存料は使用していない。
・シリコンやタルクは使用していない。
・香料は使用していない。
ミネラル成分によるUV機能がある。

それぞれのファンデーションの具体的な特徴を挙げてみました。
ミネラルファンデーションと一般的なファンデーションの顕著なちがいとしては、成分の内容が人工的なものかミネラル成分のみであるのかというところです。

ミネラルファンデーションが肌に優しい理由

人工的な成分といっても安全性は確かですので毎日のメイクで使用していて危険性があるということでは決してありません。

しかしながら、敏感肌やアトピー肌など、他の人に比べるとデリケートな肌質である場合には人工的な成分が刺激となり、肌荒れを起こしやすいとか、かゆみが起きてしまうとか、何かと不都合なことがあるのです。

その点、ミネラル成分は刺激が少なく、アレルギーを起こすリスクが少ないので、デリケートな肌質の人にとっては「肌にやさしい」と感じられる大きな理由となります。

また、アレルギーを抱えている人は、ファンデーションを選ぶ際に成分内容を見て自分がアレルギーを起こしやすいものであるかどうかを判断するケースが多いようです。
ですから、数多くの種類の成分を使っている一般的なファンデーションよりも、ミネラルファンデーションのように4,5個のミネラル成分だけが成分表示にあるということが、安心して使いやすい商品を選ぶのにとても都合が良いのです。

基本的にどのミネラルも刺激性がなくてアレルギーを起こしにくいので、そんな成分だけを使っているということがパッと見てすぐにわかるというのがミネラルファンデーションの安心ポイントと言えるのです。

肌に優しいミネラルファンデーションの紹介

ミネラルファンデーションの中でも、使われているミネラル成分が少な目のものは敏感肌の人に好まれています。
そこで、配合されているミネラル成分が少ないものをいくつかご紹介したいと思います。

成分:マイカ/酸化亜鉛/シリカ/酸化チタン/酸化鉄
エトヴォス
エトヴォスの「マットスムースミネラルファンデーション」にはメジャーなミネラル成分が使われています。
色付けとUV機能のためのミネラルのみの使用となっています。

ブラシでメイクをしますが、私自身はかゆみを感じたり肌荒れをしたりすることはありません。
エトヴォスの仕上がり
軽い付け心地で仕上がりもナチュラルです。

マットスムースミネラルファンデーションの特徴

美容皮膚科で治療中の患者にも使えるくらいのやさしさ。
・保湿効果があり乾燥予防にいい。
・SPF30/PA++なので日常レベルの紫外線をしっかりカット。
・クレンジング不要で石鹸だけでメイクオフできる。

成分:マイカ/酸化亜鉛/酸化チタン/シリカ/酸化鉄
レイチェルワイン

「レイチェルワイン ミネラルファンデーション」は、スキンケア発想のミネラル成分が使われています。

適度なツヤを与えるミネラルと肌を保護するするミネラルのみの使用となっています。

レイチェルワインの仕上がり
パウダーのキメの細かさのせいなのか、とにかくつけ心地が軽いです。
それに、非常にやわらかなブラシでメイクできるので刺激もなく、乾燥やかゆみを感じる人にもおすすめです。

肌にやさしいけど仕上がりも満足できるもので、ツヤがあって華やかになるところが気に入っています。

レイチェルワイン ミネラルファンデーションの特徴

「ダメージを与えない・ダメージから守る」という徹底的なやさしさ。
・洗顔料だけで簡単に落とせるので肌に余分なストレスがかからない。
・SPF27/PA+++なので日常レベルの紫外線をしっかりカット。

成分:マイカ/酸化チタン/酸化鉄/酸化亜鉛
オンリーミネラル
「オンリーミネラル ミネラルファンデーション」は、軽いつけ心地とカバー力を両立させるために厳選したミネラル成分のみを使用しています。

オンリーミネラルの仕上がり
使われているミネラルが少ないと仕上がりはどうなの?と思いますよね。
でも、シミにも適度なカバー力がありますし、マイカのツヤ感が他のミネラルファンデーションよりも肌を健康的に見せてくれます。

オンリーミネラル ミネラルファンデーションの特徴

使っているのはたった4種類のミネラルのみ。
・マイカ独特のツヤがある。
・クレンジング不要で石けん洗顔で落とせる。
・SPF17/PA++なので日常レベルの紫外線をしっかりカット。

成分:マイカ/酸化亜鉛/酸化チタン/シリカ/シルク/酸化鉄
ヴァントルテ
ヴァントルテの「ミネラルシルクパウダーファンデーション」は、透明感のある仕上がりを重視したミネラル配合になっています。

ヴァントルテの仕上がり
パフで塗るタイプなので、やさしくのせるようにメイクできるところは摩擦による負担が少ないと思います。

仕上がりとしては、私は頬に赤みがありますが、透明感を上手く出すマイカやシリカのおかげで肌色の補正がきれいにできています。
それに、シルクの相乗効果でふんわりとフォーカスしたような感じは肌質がきれいに見えるので気に入っています。

ミネラルシルクパウダーファンデーションの特徴

・ミネラルにシルクをプラスしていて透明感アップ。
肌への負担軽減のために酸化チタンがしっかりコーティングされている。
・SPF20/PA++なので日常レベルの紫外線をしっかりカット。


各ブランド全て、口コミ・レビューしています!
商品の詳細画像もたくさんありますのでミネラルファンデ選びの参考にして下さい♪