油分の入っているミネラルファンデーションは使ってもいいの?

ミネラルファンデーションでもすべてがオイルフリーのファンデーションというわけではなくて、油分の入っている製品はたくさんあります。

でも、ケミカルなファンデーションとは違う種類の油分を使っているので、刺激や負担が少ない感じがします。
実際のところ、油分の入っているミネラルファンデーションは使ってもお肌に影響はないのでしょうか。

油分の多いファンデーションは肌荒れを悪化させる?

メイクをすることが必ずしもお肌に悪いということではありませんが、敏感肌で肌荒れしやすいとか、ニキビができやすいという方の場合、ファンデーションの油分が肌荒れの原因になってしまうことがあります。

ファンデーションの油分

例えば、ニキビ肌の方がアクネ菌のエサになる油分の多く入ったファンデーションを使い続けることは、アクネ菌の繁殖につながります。
その結果として、ニキビを増殖、悪化させてしてしまいます。

また、乾燥傾向の強い敏感肌の方の場合であれば、油分が刺激となってバリア機能を著しく低下させることにつながります。
単純にかさついているなぁと感じるくらいでは済まずに、かゆみや炎症を引き起こしてしまう可能性が出てきます。

メイクをしないでいられればお肌にとっては一番良いことなのかもしれませんが、なかなかそうはいきませんよね。
ですから、敏感肌やニキビ肌の方には油分の少ないファンデーションをおすすめしたいのです。

油分の少ないミネラルファンデーションのメリット

油分の入っているファンデーションは、水分と分離しないように混ぜ合わせる作用(乳化)を持つ「界面活性剤」という成分を使用しています。

油分の入っているファンデーション

この成分は肌バリアを少しずつ破壊してしまう可能性を持っているので、毎日のメイクによって肌の乾燥やニキビなどの肌トラブルの悪化につながります。

逆に考えると、油分の入っていないファンデーションは「界面活性剤」を使わなくてもいいので、肌トラブルの悪化のリスクが低いということになります。

また、油分を含むファンデーションはクレンジングしないとメイクを落すことができません。
クレンジングは肌にダメージを与えるスキンケアですので、できることならば洗顔石けんで落せるオイルフリーのファンデーションをおすすめしたいのです。

そして、油分を含んだファンデーションが紫外線を浴びてしまうと成分が酸化するので、メイクをしている間ずっと刺激を与え続けることにもなり兼ねません。
紫外線を浴びるとニキビや肌荒れが悪化するだけではなくて、皮膚がかぶれたり、ただれたりする症例もあります。

紫外線

と言っても、ノーメイクだと紫外線自体からお肌が刺激を受けてしまいますので、油分の少ないパウダーファンデーションで紫外線をカットした方が良さそうです。

そこで、油分が入っていても少な目で、しかも植物由来の天然オイルを使用しているミネラルファンデーションが最適なのです。
ミネラルファンデーションは保湿のために適度な天然オイルを配合しているので、刺激となるというよりは乾燥からお肌を保護してくれるメリットの方が大きいのです。

また、ミネラルファンデーションの油分は肌の閉塞感がなく、塗り心地が楽というメリットもあります。
毎日使うものですから、メイクをしている時は快適に過ごせる方がいいですよね。



各ブランド全て、口コミ・レビューしています!
商品の詳細画像もたくさんありますのでミネラルファンデ選びの参考にして下さい♪