ミネラルファンデーションが肌に合わない

ミネラルファンデーションといっても何種類もの製品が販売されていますので、肌に合わないとか、メイクの仕上がりがイマイチ良くないといったこともあり得ます。

そこで、使い心地が良くて、理想的な仕上がりになるミネラルファンデーショ選びのポイントについてまとめてみました。

成分や使い心地のポイント

ファンデーションに使われている成分の特徴や使い心地によって、肌に合う合わないを判断できます。

テクスチャー

サラッとしているテクスチャーのものは、ストレスなく伸びて肌の呼吸を妨げない使い心地です。
また、保湿成分たっぷりでしっとりとしているテクスチャーのものは、乾燥による負担が少な目です。

どちらが良いということではありませんので、ご自身の肌質を考えて選ぶと良いでしょう。

粒子のキメの細かさ

パウダーファンデーションの場合、粒子がなるべく細かいものの方がおすすめです。

ミネラルファンデーション

粒子のキメが荒いものだと、思ったよりも厚塗りのように見えてしまいます。
粒子が細いものほど塗ったときの肌へのフィット感が軽いので、メイクの仕上がりは全然違ってきます。

ミネラルに他の粒子が混ざっているかどうか

ミネラル成分に他の粒子が入っていることでメイクの仕上がりがきれいなものもあります。

例えば、ヴァントルテはシルクの粒子が入っています。
ミネラル成分のマイカが光沢剤として使用されていますが、シルクをプラスしていることで光を反射しやすくなって肌の透明感がアップしています。
色白の方にとってはメリットが大きいと思います。

ただし、お肌の色が濃い方は白浮きする可能性が否めませんので、肌の色に合わせて使うように気を付ける必要があります。

保湿成分が入っているかどうか

保湿成分にとしてヒアルロン酸やコラーゲンを配合しているものは、崩れにくくて肌への負担が少ないのが特徴的です。
あと、ホホバオイルなどの天然オイルが配合されているものも同様の使い心地です。

お肌が乾燥してカサつきが気になる方にとっては、負担のないしっとりとした使い心地でメイクが長持ちするのでメリットが大きいですね。

ただし、皮脂の分泌が多くてオイリーな方の場合は、かえってテカリを強調することもあります。
それに、崩れ方が汚くなってしまう可能性もあります。

選ぶ色やブランド

同じ色でもメーカーによって発色が違いますから、メイクの仕上がりにも大きく影響してきます。
それに、自分の肌にしっくりくるブランドというものがあるはずです。

ファンデーションの色が肌の色に合っていないと、仕上がりが不健康なイメージに見えてしまうことがあります。

ファンデーションの色
ミネラルファンデーションは色数が限られていることが多いので、サンプルで試してから選ぶのがおすすめです。

価格は少々高めでも、認知度の高いブランドメーカーのものは信頼できて安心感があります。
私が使っているメーカーの中では、オンリーミネラルやエトヴォスなどが有名で、使い心地の良さが確かなものです。

有名ブランドメーカー

そして、ファンデーションなどのメイクアップアイテムだけではなくて、スキンケア製品もすべて揃えているのがブランドメーカーの強みです。
基礎化粧品まで同じブランドのものに揃えることで、自分の肌に合った成分でスキンケアもメイクもできますので、お肌に負担がかかるのを防ぐことができます。

エトヴォスは保湿ケアやエイジングケアに最適な化粧品を取り揃えていますし、オンリーミネラルはお肌にやさしいクレンジング剤や保湿ケアにピッタリなアイテムを扱っています。

美肌に欠かせない基礎スキンケアから、お肌にやさしいメイクアップまで、こだわりのアイテムを揃えて使ってみるのも良いのではないでしょうか。



各ブランド全て、口コミ・レビューしています!
商品の詳細画像もたくさんありますのでミネラルファンデ選びの参考にして下さい♪