どんな肌質に向いているの?

ミネラルファンデ自体は”今日の自分をどう見せたいか”ということを考えた上で、ファンデーションの種類を使い分けることが必要です。
オンリーミネラルのように【マット】【ツヤ】等の種類があるメーカーもありますので。

オンリーミネラル3色

上記のファンデの場合「6」「8」はマット。「9」はツヤです。

6=ライトオークル マット
8=オークル マット
9=イエローベージュ ツヤ

になっています。私は肌がくすみがちな日は「ツヤ」系を使う事が多いです。
普段は大抵マットです。夏で日焼けした感じの時は8番のオークル。
その他は6番のライトオークルが多いです。
 
 
また、肌質によって外見をコントロールするためには、メイクの仕方と仕上がり感が大切です。
ミネラルファンデーションは、肌のコントロールと仕上がりに満足できるメイクアイテムです。
基本的に私のような敏感肌・乾燥肌(部分によってはオイリー)さんを始めどんな肌質でも使えますし、仕上がりがきれいなところが魅力です。
 
 
私は敏感肌で、若干アレルギーがありますが、問題なく使えています。
季節とかその日の体調とかによって、結構肌の状態がすぐに変わっちゃうから厄介な肌質なんだけど、どんな日でも仕上がりがきれいなところが大好きです。

以前は他メーカーのケミカル入りファンデーション、(要は普通のやつです)を使用してたびたび赤みかゆみなどのトラブルを起こしていた肌でした。
もうそれにうんざりしてミネラルファンデを使い始めてみたのですが、最初は「トラブルなしで使える事がうれしい!」から始まり、
その後は使えば使うほど上手にメイクが出来るようになりました。
 
 
私は、普段はパウダーのみで、飲み会とか何か大切な日にはリキッドとパウダーのダブル使いのメイク方法なんだけど、仕上がりは結構ナチュラルになります。

くすみとかシミをきれいにカバーしつつも、“スッピンメイク””薄化粧風”は譲れません。
あくまでも自然できれいに見せたいので、ミネラルファンデは私にとってなくてはならない存在です。
 
 
私も以前使っていましたが、普通のケミカル系のファンデって、肌質によっては重すぎたり軽すぎたりするじゃないですか?
例えば、オイリー肌だからってパウダータイプをえらんじゃうと皮脂浮きしてしまったり、乾燥肌だからってリキッドを選んじゃうと隙間にファンデが入り込んでシワっぽく見えたり、カバーしているつもりがあだになっちゃうっていうか・・・。
下手すると、毛穴が涙状になって目立ってしまうとパターンもあります。

何とも難しいところなんですよね~。
 
 
だけど、ミネラルは、基本、オールタイプ向きの仕上がりが期待できます。
皮脂馴染がいいからオイリー肌でも皮脂浮しないし、乾燥肌でも肌を保湿しつつメイクできるからシワになりにくいっていうメリットがあります。
よく、「笑うとシワが溝に入り込んで余計に目立つ!」って現象ないですか?(きっと30超えてくると共感していただける方もいらっしゃると思います(^^;)

この【シワ】感が格段に減ると思います。

もちろん、普通のファンデ同様、肌質によってパウダーとリキッドを使い分けることは必要だけど、肌との相性は抜群であると言えますよ!
 
 
乾燥肌の私でも、ただパウダーを塗っただけでも絹のようにキメの細かい”シルキー肌”が完成します。
パウダーだけでしっかり感を出したい時は、数回に分けてファンデを塗るだけです。

吹き出物ができた時なんかもバッチリカバーできるから、肌トラブルもへっちゃらになっちゃいましたよ。

ちなみに、シミがある肌質の方も想像以上にカバーが出来ます。

重ね付けすると、ヒビがはいってしまいそう!と思うのですが、そうならないのがミネラルファンデのいいところなんです。



各ブランド全て、口コミ・レビューしています!
商品の詳細画像もたくさんありますのでミネラルファンデ選びの参考にして下さい♪