ミネラルファンデーションはニキビ肌におすすめ?

ニキビ肌の方はニキビを悪化させないためのファンデーション選びが大切です。
そこで、肌に負担をかけずにメイクを楽しむことができるミネラルファンデーションをおすすめしたいのです。

ニキビ肌だとメイクはNG?

ニキビ肌に影響が出てしまうのは、過剰な油分や刺激の強い化学成分の入っているファンデーションです。

ニキビ肌

ミネラルファンデーションのように低刺激の天然ミネラルから作られているものであれば、ニキビを悪化させる原因にはなりにくいのです。
ですから、ニキビ肌だからと言って、必ずしもメイクがNGということではありません。

どうしてミネラルファンデーションはニキビ肌におすすめなのか?

ミネラルファンデーションの中でも特に、「ノンコメドジェニック」という表示があるものであればニキビ肌に最適と言えます。

ノンコメドジェニック

「ノンコメドジェニック」というのは、ニキビの原因となり得る成分を極力使用していないことが明確なのです。
ニキビが治っても繰り返しやすいニキビ肌さんには、ニキビができる原因を寄せ付けずに毎日メイクできることが安心ですよね。

それに、お勤めをしている方であれば、ニキビができてしまってもマナーとしてメイクをしないわけにはいきません。
ニキビ肌でもポイントを押さえればメイクをしても大丈夫なのです。

基本的にはメイク前にしっかりと保湿ケアをして、厚塗りをしないことが大切です。
肌の乾燥はニキビを治りにくくもして、悪化もさせますから、メイク前の保湿ケアは入念に行いましょう。

ファンデーションの厚塗りはニキビの部分を刺激しますので、摩擦をかけないでメイクができるミネラルファンデーションが負担をかけなくても済むのです。
ブラシでササッと軽く馴染ませるだけですので、症状を悪化させてしまうことを避けることができます。

ミネラルファンデーションならばどれを使っても大丈夫?

ニキビ痕をできるだけ隠したいということであれば、カバー力が最も期待できるリキッドタイプのミネラルファンデーションを使うのも良いでしょう。
ただし、過剰な油分はニキビの悪化につながりますので、症状が落ち着いている場合にのみ使用することをおすすめします。

また、コンシーラーで部分的にニキビの跡をカバーできるようであれば、プレストタイプのミネラルファンデーションを使うのも良いでしょう。
プレストファンデーションはパフで塗ることができますので、やさしく押さえるようにメイクすれば刺激もそれほど気にならないと思います。

リキッドファンデーションよりも油分を含んでいませんし、パウダーファンデーションよりもカバー力があるので、ニキビを悪化させたくないし、ニキビが治った部分の見た目も上手にカバーしたいという方にもおすすめです。

繰り返しになりますが、「ノンコメドジェニック」という表示があれば、比較的ニキビを誘発しにくいと思います。

ベアミネラル

私が知っている限りでは、「ベアミネラル」から販売されているミネラルファンデーションがノンコメドジェニック製品です。

あと、「オンリーミネラル」からは、ニキビをケアする薬用コンシーラーが販売されています。

オンリーミネラル

こちらは、ニキビ予防に重要なうるおいをプラスしつつ、肌のキメを整えてニキビ跡を目立たなくできる優秀なアイテムです。
ニキビ痕をカバーしながらもニキビの発生を予防できるのはうれしいですよね。

また、ニキビ治療中の方もいらっしゃるかもしれませんが、「エトヴォス」のように皮膚科の推奨しているようなミネラルファンデーションならばメイクがしやすいのではないでしょうか。

エトヴォス

エトヴォスのミネラルファンデーションは、ニキビ治療をはじめ、レーザー治療をしている方なども使用していて、治療に支障を来すことも、症状を悪化させることも避けられると好評です。



各ブランド全て、口コミ・レビューしています!
商品の詳細画像もたくさんありますのでミネラルファンデ選びの参考にして下さい♪