市販・ドラッグストアで購入出来るミネラルファンデーション

100%ミネラル成分のミネラルファンデーションは通販で販売していることがほとんどで、一般的な化粧品売り場ではあまり見かけませんよね。
でも、有名ブランドの「オンリーミネラル」「エトヴォス」は通販でお馴染みですが、意外にも市販されています。

私も「オンリーミネラル」はPLAZAやITS’ DEMOなどの雑貨ショップのコスメコーナーで見かけたことがありますし、「エトヴォス」は百貨店や一部のショッピングモール内の店舗で購入できます。
また、ドラッグストアでも取り扱いがあったりしますよね。

と言っても、店舗数が少なかったり、近くに店舗が見つからなかったりするので、市販で購入できる人は限られてしまいます。
だから、『ケミカルファンデーションよりも少しでもお肌にやさしいものを使いたい!』という人であれば、100%ミネラルではない市販の商品を購入する人もけっこういらっしゃるようです。

注目!
さきに結論を言っちゃいます^^;
100%ミネラルでないファンデをドラッグストア等で購入するのでしたら、やはり100%ミネラルで市販をされている、【エトヴォス】【オンリーミネラル】を選んでみてはいかがでしょうか?
管理人は成分の良さ・仕上がりの良さ総合的にこちらを勧めます!

市販のミネラルファンデーション エトヴォス

 エトヴォスの口コミ・レビューはこちら(トライアルセットの口コミ・画像つき)
 エトヴォスのトライアルセット


オンリーミネラルデビューセット

 オンリーミネラルの口コミ・レビューはこちら(トライアルセットの口コミ・画像つき)
 オンリーミネラルのトライアルセット


それでも『市販の商品が何があるか知りたい!』という方のために、市販されているものの中から人気のあるミネラルファンデーションをいくつかご紹介したいと思います。
※100%ミネラルではない商品が多数ですので、ミネラルにこだわる方はご注意ください。

市販のおすすめミネラルファンデーション

コンビニやショッピングモールの直営店でもスキンケアコスメを販売している身近なコスメブランドの「DHC」からは、プレストタイプのミネラルファンデーションが販売されています。

○ファンデーションの特徴
水溶性有機ゲルマニウムをはじめとする美容保湿成分が入っているのでしっとりとした仕上がりになります。
また、微粒子パウダーがマットな質感を作り、肌の色を明るく見せてくれるところが特徴的です。
メインに配合されているミネラル成分はお馴染みのものですが、ナイロンやポリマーなどの化学成分も含まれていますので、お肌がデリケートな人は注意が必要かもしれませんね。

ミネラル成分:マイカ/酸化チタン/酸化亜鉛/シリカ/酸化鉄
その他の成分:ホホバ種子油/オリーブ果実油/コラーゲン/ヒアルロン酸

DHCのファンデ

○BBミネラルパウダーGE(リフィルのみ)
※ケース・パフは別売りになります。
容量:11g
価格:1,810円(税抜)

日本屈指のコスメブランド「資生堂」では、インテグレートというシリーズからパウダータイプのミネラルファンデーションを販売しています。

○ファンデーションの特徴
毛穴カバーを重視していて、リキッドのようなツヤのある仕上がりになるところが特徴的です。
また、肌荒れ予防成分が入っていることと、ニキビのもとになりにくい処方ということで、お肌の敏感な人に人気があります。

ただし、タルクをはじめとするケミカルな成分がけっこう含まれていますので、刺激を感じやすい人は注意が必要です。

ミネラル成分:マイカ/酸化チタン/酸化亜鉛/シリカ/酸化鉄/シリカ
その他の成分:イオンミネラルパウダー(肌荒れ防止成分)

資生堂のファンデ

○ミネラルリキッドパウダリー
容量:10g
価格:1,836円(税込)

スーパーや百貨店のコスメ売り場でよく見かける「メイベリンニューヨーク」からは、パウダータイプのミネラルファンデーションが販売されています。

○ファンデーションの特徴
100%ミネラル成分ですし、敏感肌にも使えるファンデーションと謳っている商品ですので、市販のミネラルファンデーションの中ではデリケートな肌の人には特におすすめです。
自然派ファンデーションですがフィット感とカバー力がありますし、適度なツヤもある仕上がりが魅力となっています。

ただし、カバー力が弱くてヨレやすいという口コミもあるので、有名ブランドのファンデーションよりも仕上がりには難があるかもしれませんね。

ミネラル成分:100%ミネラル成分

メイベリンニューヨークのファンデ

○ピュアミネラルパウダーファンデーション
容量:8g
価格:2,052円(税込)

有名百貨店に直営店舗を持つ「MiMC」からは、プレストタイプのミネラルファンデーションが販売されています。

○ファンデーションの特徴
エイジングケアのための高濃度美容液に質の良いミネラルを練り込んでいますので、高いカバー力とスキンケア効果を両立したファンデーションとして高く評価されています。
しっとりとしているつけ心地と均一感のある肌質に仕上がるところが魅力です。
アルコールやパラベンもフリーで100%ミネラル成分からできていますので、オンリーミネラルなどの人気のミネラルファンデーションに近いと言えるのではないでしょうか。

オイルフリーではあるものの、植物性のオイルが含まれていますので、ニキビ肌や肌荒れしやすい人は注意が必要です。

ミネラル成分:酸化亜鉛/カオリン/マイカ/酸化チタン/酸化鉄/グンジョウ
その他の成分:スクワラン/モモ葉エキス/ミツロウ/ホホバ種子油/ヒマワリ種子油 などの保湿成分

MiMCのファンデ

○ミネラルクリーミーファンデーション
容量:10g
価格:6,500円(税別)

バラエティショップやドラッグストアで見かけることが多い「ナノーチェ」からは、パウダータイプのミネラルファンデーションが販売されています。

○ファンデーションの特徴
毛穴やくすみをしっかりカバーして、素肌よりもキメ細やかに仕上げてくれるところが魅力です。
お肌にやさしい美容成分もたっぷり入っていますし、日本産で高品質というところがナチュラル派の人に支持されています。
また、「SPF50+/PA+++」という優れたUV機能ですので、肌を紫外線からしっかりガードしたいという人にもおすすめです。

しかしながらデメリットもあって、敏感肌の人でヒリヒリしたり乾燥肌になったりするケースもあるようです。
ミネラル以外の美容成分が刺激となることもあるので気を付ける必要がありそうですね。

ミネラル成分:酸化亜鉛/シリカ/マイカ/酸化チタン/酸化鉄
その他の成分:コラーゲン/セラミド/ヒアルロン酸/スクワラン/アロエベラ葉エキス/カミツレ花エキス/ローズマリー油

ナノーチェのファンデ

○BBミネラルパウダー
容量:4g
価格:2,160円(税込)

プチプライスでコスパの良いコスメブランドを取り揃えている「ちふれ」からは、プレストタイプのミネラルファンデーションが販売されています。

○ファンデーションの特徴
やわらかい感触の使い心地と、光コントロールパウダーが凸凹部分にもピタッと密着して肌質をなめらかに見せてくれる仕上がりが魅力です。

着色やツヤ出しにはミネラル成分を使っているので確かにミネラルファンデーションというジャンルには含まれますが、感触を良くするためや保湿効果を与えるために化学成分を使用しているので、ケミカル的な要素が強いと言えるのではないでしょうか。
肌のデリケートな人には不向きかもしれませんね。
刺激をそれほど気にしないのであれば、ミネラルならではのツヤ感や発色を試すのにはおすすめです。

ミネラル成分:シリカ/マイカ/酸化チタン/酸化鉄
その他の成分:防腐剤や着色料の使用有り。

ちふれのファンデ

○モイスチャーパウダーファンデーション
容量:14g
価格:800円(税別)

すぐに買える市販のリキッドファンデーションを実際に使ってみました!

ドラッグストアやコンビニなど身近なお店で手に入ると言うのが市販のミネラルファンデーションの一番の強みです。
私も店頭で見かけると、ついつい『試してみたいなぁ~。』と手に取ってしまうことがしばしばあります。

つい先日もドラッグストアで人気No.1というリキッドファンデーションを見つけたので購入しました。
通販の100%ミネラルファンデーションとのちがいを比較しながらレビューしてみますね。

女優の宮崎あおいさんがイメージモデルを務め、若い女性の間で人気なのがロート製薬から販売されている「スガオ エアーフィット CCクリーム」です。

○「スガオ エアーフィット CCクリーム」の特徴
・ミネラル成分:シリカ/酸化亜鉛/酸化鉄/酸化チタン
・その他の成分:ミネラルオイル など
・SPF値:SPF23/PA+++
・色数:1色のみ 
・容量:25g
・価格:1,490円 ※オープン価格

「スガオ エアーフィット CCクリーム」はリキッドタイプのファンデーションでチューブ入りの商品です。
スガオのチューブ

「ふわっと軽いスフレ感ファンデ」というキャッチフレーズで、空気のようにエアフィットするつけ心地が売りのファンデーションです。
スガオのテクスチャー

ファンデーション自体は通常のリキッドファンデーションと比べるとムースっぽい感じです。

お馴染みのミネラルファンデーションで配合しているミネラル成分が似ているのが、エトヴォスの「シアーミネラルリキッド」です。
シアーミネラルリキッド

こちらのリキッドファンデーションは、
・ミネラル成分:酸化亜鉛/シリカ/酸化チタン/酸化鉄/マイカ
という配合成分の内容なのですが、ミネラル成分としてはマイカ以外は「スガオ」と同一成分ですから非常に似通っています。

手の甲に塗って比較してみました。
少し多めに塗っているので、ハッキリと違いがおわかりになると思います。
市販のファンデ塗り比べ

「スガオ」はしっとりというよりもサラッとしたタイプで、キャッチフレーズ通りのふわっとしたつけ心地ですし、「シアーミネラル」はしっとりしていてツヤがありますよね。

メイクしてみるとこんな感じです。
「シアーミネラル」を使ったことがある人は参考になるかもしれないです。
市販のファンデでメイク

「スガオ」(下半分)は0.01mmのソフトフォーカス効果で素肌の色を活かしつつ透明感を与えてくれます。
仕上がりとしては素肌っぽさを思う存分楽しめるといった感じでしょうか。
ナチュラルメイクにチークなどで華やかさや可愛さをプラスするような若い人が好むメイクにピッタリのように思えます。

一方、「シアーミネラル」(上半分)はマットで艶やかな落ち着いた大人向けのメイクにおすすめかな~と思います。

○「スガオ」のおすすめポイント

「日やけ止め+化粧下地+ファンデーション+仕上げパウダー」のオールインタイプなのでメイクも楽ですし、Color(色)をControl(制御・補正)して素肌をキレイに見せるCCクリームならではの仕上がりの良さが魅力ですよ。

○100%ミネラルファンデーションと比較してみると?

仕上がりについては100%ミネラルファンデーションよりも劣るということもないですし、人によってはむしろこちらを好むということもあるかもしれないくらい満足度の高い仕上がりだと思います。

ただし、やはりケミカルな成分が入っていますので、デリケートな肌質の人は違和感があったり、肌荒れを起こしてしまったりするかもしれません。
私も続けて使っていたらピリピリ感じてしまいました。

市販のパウダーファンデーションも使ってみました!

リキッドファンデーションに続いてパウダーファンデーションも市販のものを実際に使ってみました。
こちらも通販の100%ミネラルファンデーションとのちがいを比較しながらレビューしてみますね。

有名化粧品メーカーのコーセーから販売されているのが、女優の桐谷美鈴さんがイメージモデルを務める「ネイチャーアンドコー コットンベール オールミネラル フェイスパウダー」です。

○「ネイチャーアンドコー コットンベール オールミネラル フェイスパウダー」の特徴

・ミネラル成分:シリカ/グンジョウ/マイカ/酸化亜鉛/酸化鉄
・その他の成分:サフラワー油/ホホバ種子油/オキシ塩化ビスマス など
・SPF値:記載なし
・色数:全2色
・容量:6g
・価格:1944円 ※オープン価格

「ネイチャーアンドコー コットンベール オールミネラル フェイスパウダー」はパウダータイプのファンデーションでケース入りの商品です。
ネイチャーアンドコー

内ブタには細かい穴が開いていて、ファンデーションが出やすいようになっています。
専用パフも付いています。
市販のフェイスパウダー

同じパウダーファンデーションとしてお馴染みの「ヴァントルテ」と比較してみます。
ヴァントルテと比較

ファンデーション自体の質感としては、「ネイチャーアンドコー」はパウダーが微細でサラサラしていて、「ヴァントルテ」はそれ以上に微細で、サラサラを通り越してスルスルしています。

手の甲に塗り比べてみました。
市販のパウダーと比較

パウダーがより細かい「ヴァントルテ」の方が肌馴染みが良いので、シワがカバーできてキメ細かく見せられています。
でも、「ネイチャーアンドコー」も十分にきれいで自然な感じですよね。

実際にメイクしてみるとこんな感じです。
市販のパウダーファンデでメイク比較

「ヴァントルテ」はシルク配合ならではの透明感があってしっとりした仕上がりですし、「ネイチャーアンドコー」はグンジョウ配合ならではの肌色をパッと明るく見せられるところとスベスベになる仕上がりが良かったです。

○「ネイチャーアンドコー コットンベール オールミネラル フェイスパウダー」のおすすめポイント

コットンフィールというキャッチフレーズ通り、見た目はコットンのようにふんわりとしていて、肌触りはスベスベの仕上がりが魅力です。
素肌よりも健康的で明るい肌色に見えるので、顔色を良く見せたい人にはピッタリだと思います。
くすみもきれいに隠れますよ。

○100%ミネラルファンデーションと比較してみると?

100%ミネラルファンデーションと比較してみると、ケミカルな成分である「オキシ塩化ビスマス」が入っている点が気になります。
必ずしも肌に悪い成分ということではありませんが、付着性を高めるという性質上、お肌の負担になってしまう可能性は否定できません。

私が使ってみて思ったのは、メイクする時には軽い付け心地と思っていたのですがそれも一瞬のことで、メイク中はややお肌に圧迫感があって、メイクを落した時に肌が疲れているように感じたことです。

ヴァントルテと比較するとお肌に負担があるのがハッキリわかります。

市販のリキッドとパウダーはブランドが違っても一緒に使えるか?

しっかりメイクをしたい人は、リキッドの上に仕上げ用としてパウダーを叩いていることもあるはずです。
そこで、今回使ってみたブランドの違うファンデーションを一緒に塗ってメイクをしてみました。

「スガオ」(リキッド)を塗って、その上から「ネイチャーアンドコー」(パウダー)を叩くとこうなります。
ブランドが違うファンデでメイク

意外ときれいな仕上がりだと思いませんか?
「スガオ」(リキッド)だけだとふわっとしてナチュラルですが、「ネイチャーアンドコー」(パウダー)を併せて使うことできちんとメイクしている感じが出て肌質もより一層スベスベに見えるようになります。

配合されているミネラル成分が違っても発色や仕上がりが悪くなってしまうこともないようですし、この2つのファンデーションに関しては一緒に使っても問題ありませんでした。
相乗効果というかなんというか、相性の良いものであればブランドが違っても仕上がりは満足できることがハッキリわかりましたよ!

肌にいいのはやっぱり100%ミネラルファンデーション

市販のミネラルファンデーションは、注文してから届くのを待たなくてもその場ですぐに手にすることができるというメリットがあります。
それに、直営店販売であればサンプルを試したり、色を確認できたりという点は魅力的です。

ただし、市販のもので気になるのはケミカルな成分が含まれているのに「ミネラルファンデーション」として扱われていることです。
100%ミネラルファンデーションとちがって肌に負担となる成分が入っているということは、お肌がデリケートな人にとっては重要なポイントですよね。

ですから、『できるだけお肌に負担をかけたくない!』ということであれば、市販のミネラルファンデーションはあまりおすすめできません。

私も市販のものを実際に使ってみて、
・肌に負担を感じずに使える
・肌荒れを起こしにくい
というメリットがあるのはやっぱり100%ミネラルファンデーションの方だなぁ~と改めて感じました。

100%ミネラルファンデーションはこちらです↓


市販のミネラルファンデーション エトヴォス

 エトヴォスのトライアルセット
 エトヴォスの口コミ・レビューはこちら


オンリーミネラルデビューセット

 オンリーミネラルのトライアルセット
 オンリーミネラルの口コミ・レビューはこちら




各ブランド全て、口コミ・レビューしています!
商品の詳細画像もたくさんありますのでミネラルファンデ選びの参考にして下さい♪